髪に良い食べ物・成分と育毛サプリメントを調べました!

  • このごろ髪が少なくなった、頭頂部の地肌が見える、
  • なんとなく薄くなった頭皮が気になるけど、育毛剤や薬に頼りたくない、
  • 食べ物やサプリメントで髪の状態を改善したい。

私もある日写真に映った自分の髪をみて愕然とし、抜け毛対策を始めました。抜け毛を増やす原因を勉強しひたすら生活や食事を見直しました。料理が好きだったので、髪に良い食べ物や成分を調べては料理をし生活改善をはかりました。そのかいあって髪が減る前に抜け毛をストップさせました。

私が調べた髪に良い成分や食べものの情報、育毛に効果が得られる成分と、沢山摂取できる食べ物、日常生活での改善方法などを中心にご紹介しています。

このサイトをおとずれる方も 同じように抜け毛が気になり始めて食事での改善を考えている方でしょう。
髪を育てる成分は 亜鉛やノコギリヤシなどが有名ですが、それ単体では効果が十分発揮されません。補う成分や一緒に摂取しないと効果が出ない場合もあるのです。

毎日バランスの取れた食事をとり続ける難しい方はサプリメントを上手く利用してバランスよく摂取しましょう

髪に良い成分は?

髪によい成分とは、どのような働きが必要でしょうか。抜け毛を抑制し髪を育てるため必要な作用は次の3つです。

1.抜け毛の原因DHTを抑制する成分

この成分は5すリダクターゼを阻害し、AGA(男性型脱毛症)の原因となるDHT「ジヒドロテストステロン」の生成を抑制し、抜け毛を抑制する働きをします。

2.頭皮の毛母細胞を活性化し発毛を促進する成分

頭皮の奥にある毛髪を作り育てる毛母細胞を活性化させる成分です。毛髪の成長を促す毛乳頭や/細胞分裂をおこない髪の毛を作る毛母細胞を活性化することで育毛効果があります。

3.髪の毛を作る元となる成分

食生活の乱れなどから栄養不足が原因での抜け毛に効果がある成分です。おもに毛髪の成長に必要なものはタンパク質やビタミン、亜鉛などです。

では次に、この3つの作用を詳しくご説明して働きを促す成分をご紹介します。

抜け毛の原因DHTを抑制する

男性型脱毛症 AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)生み出すのが、5αリダクターゼです。この5αリダクターゼを阻害するのがノコギリヤシや亜鉛。亜鉛は髪を育てるだけでなく抜け毛抑制にとても大事な働きをする成分です。

男性はDHT(ジヒドロテストステロン)が増える事が薄毛の原因となりますが、女性の場合は女性ホルモンの減少することで体内の男性ホルモンの割合が増えて抜け毛に繋がります。そのため女性はDHT(ジヒドロテストステロン)を減らすよりも女性ホルモンを増やしてホルモンバランスを整えることで抜け毛抑制が期待できます。更年期や閉経だけでなく、近頃は20〜30歳代でも仕事のストレスによるホルモンバランスの崩れで薄毛に悩む方が増えています。ホルモンバランスを整える食事を意識しましょう。

ノコギリヤシ

DHT抑制で最も有名な成分といえばノコギリヤシ。男性ホルモンDHTを抑える働きがあります。
ノコギリヤシをさらに詳しく

亜鉛

DHTの生成を抑える働きがあります。
亜鉛をさらに詳しく

フィーバーフュー(ナツシロギク)

ナツシロギクから抽出される「パルテノライド」の作用で男性ホルモンの一種DHT(ジヒドロテストステロン)の生成に関わって、DHTの働きを抑制する効果があります。
[フィーバーフュー(ナツシロギク)ハーブティー]
フィーバーフュー(ナツシロギク)の育毛への効果・効能

ビタミンE

ビタミンEは血行を良くする働きがあり、摂取することで頭皮の血流が良くなり髪に栄養分が届きます。また、女性ホルモンの分泌促し、過酸化脂質を押さえます。老化を防止作用もあり、女性には卵巣の働きを良くする嬉しい効果もあります。

[アボガド、ピーマン、オリーブオイル、ごま油、葉ねぎ、アーモンド、モロヘイヤ、カボチャ、アボカド、うなぎ、卵]

イソフラボン

男性ホルモンが増える事で抜け毛が促進されます。40代以降の更年期の女性は得に女性ホルモンの減少で抜け毛が増えてきます。積極的に摂取しましょう。
[高野豆腐・納豆・豆腐・きな粉、ゆば、おからなどの大豆製品 ざくろ、]

大豆イソフラボンは、エストロゲンに似ている(エストロゲン様)作用をするので、女性ホルモンが減少ぎみの女性には抜け毛対策には必須の成分と言えます。また、エストロゲンが減少すると血流が悪くなるので頭皮にとってもマイナス。女性ホルモン対策だけではなく、血流対策としても期待できるんですよ。

頭皮の血行を促進する成分

血液の流れを良くする事で髪を育てる毛母細胞に必要な栄養分が行き届き成長を促します。

アルギニン

アルギニンには血管を柔らかくする老化防止作用があります。血管を弛緩させる一酸化窒素の生成を促す作用もあるため、血管が弛緩して血液の流れが良くなります。またアルギニンは成長ホルモンの分泌も促進する作用があるので若返りの効果もあり育毛効果も期待できます。
アルギニンをさらに詳しく

ビタミンA

ビタミンA(βカロチン)は細胞分裂を正常化する働きがあります。
[ニンジン、カボチャ、ホウレンソウ、小松菜、など]

ビタミンC

ビタミンCは美容に必要な成分として知られていますが、肌を整える作用があるので頭皮環境を整える働きがあります。
[緑黄色野菜・柑橘系など]

ビタミンB6

ビタミンB6はタンパク質代謝に必須の成分、皮脂の分泌を抑制して皮膚の新陳代謝をうながすはたらきがあります。
[レバー、まぐろ、かつお]
ビタミンB6の働きを詳しく見る

ビタミンP

ビタミンPは毛細血管強くする働きがあります。血管が強くなる事で髪に栄養が届きます。
[柑橘類、そば粉など]

DHA

青魚にDHAが沢山含まれる事も有名ですが、DHAも血液をサラサラにする不飽和脂肪酸が沢山ふくまれていますよね。魚は良質なタンパク質も豊富です。大豆製品や青魚は外食ではなかなか摂取できませんが、意識してたべるようにしましょう

ゴマなどの鉄分が沢山含まれている食品は貧血に効果をもたらしますので、地肌の血流改善に役立ちます、髪に効く食材を積極的に食べて、抜け毛を減らしましょう。

髪の毛を作る元となる成分

髪の毛に必要と言われている成分の摂取量を増やす事で内側から髪の成長を助ける成分はなんでしょうか。まずたんぱく質は非常に重要な成分です。

なぜかと言うと髪はタンパク質で出来ているからです。

seibun

髪を健やかに保つにはタンパク質、ミネラル、アミノ酸などは必須成分。
ミネラルの中でもセレニウム、鉄、亜鉛、硫黄の4つの成分は特に髪の毛にとっては重要な成分なのです。

亜鉛が良い事は最近よく言われるようになりました。亜鉛含有量の多いサプリメントが育毛効果を期待され販売されていますね。それは髪の成分がケラチンというたんぱく質なのですが、亜鉛が足りないとそのケラチンの生成が鈍くなり、どんどんと髪の毛が細毛になって薄毛になるから。なんです。

たんぱく質

タンパク質は細胞を生成する成分。髪の成分の99%がタンパク質なのです。そのため髪の成長にもとても重要な成分と言えます。
[卵・牛乳・豆腐・納豆・鶏肉・まぐろ、しゃけなど]

亜鉛

髪に必要なケラチンを生成し、男性型脱毛症の原因となるDHTを抑制する働きもあるので、抜け毛が気になる方は積極的に摂取したい成分です。
[うなぎ・レバー・貝のカキ、納豆、アーモンド、ピーナッツ、高野豆腐、いわし、胡麻、のりなど]
亜鉛について詳しく読む

ミネラル(鉄分)

血液増量により髪に栄養を運びます。
【牛肉、ピーマン、芽キャベツ、まぐろ、レバー、干しひじき】

ミレットエキス

ミレットエキスはイネ科の一種のミレットという植物から抽出した成分のこと。タンパク質やケラチンを作る元となるアミノ酸、ビタミンB1、B2、B6、カルシウムや亜鉛などのミネラル、ケイ素、鉄分にミアシンや高度不飽和脂肪酸が含まれています。
[ミレット、ヒエ、アワなど]
ミレットエキスの育毛効果をさらに詳しく

プラセンタ

髪の元になるアミノ酸を豊富に含んでいます。
プラセンタの育毛効果をさらに詳しく

ビタミンB2

ビタミンB2は髪の毛を育てます
[牛乳・レバー・魚など]

ビオチン

ヒスタミンを抑制する働きがあり、脂漏性皮膚炎やアトピー性皮膚炎、脱毛、白髪などの改善に作用する。炎症を防ぐ作用があるので地肌のトラブルを改善し抜け毛改善に効果が期待でき、髪を太くする作用も。
[酵母、レバー、豆類、卵黄]
ビオチンの育毛効果と含む食べ物を詳しく

髪に良くない食べ物

揚げ物などの脂っこいものは頭皮の脂が増え髪にはマイナスに。また極端に辛いものや刺激の強いものも控えましょう。
[揚げ物・ファーストフード・ラーメン、スナック菓子や炭酸飲料など]
髪に良くない食べ物/嗜好品 詳しく読む

抜け毛予防、髪の毛にいい食べ物【10選】

髪によい成分や栄養素を効率よく摂取できるおすすめの食べ物です。タンパク質や亜鉛、アミノ酸、ビタミン、ミネラルが豊富な食べ物が髪によい食材です。
1.卵
2.豆類
3.牡蠣
4.緑黄色野菜
5.鳥肉
6.うなぎ
7.豚足、牛すじ
8.黒ゴマ
9.海草類
10.柑橘類
髪によい成分の項目で書いたように、髪の成長はさまざまな要因が必要です。髪によいといってもどれか1つだけ食品をとればいいのではなく、毎日の食事の中でまんべんなくバランスよく摂取するのが大切です。

食べ物の効果について

私たちの体を構成している成分はなんといっても食べ物。摂取する成分に偏りがあって髪に必要な栄養素が不足すれば、新しい髪の成長が促されずに抜け毛が増えてしまいます。

まず食事をバランスよくして生活習慣を改善し髪に必要な栄養をしっかり取りましょう。

働き盛りの方は、仕事が忙しくつい簡単な食事ですませたり外食で偏りがち。食べ物の栄養バランスには十分注意しましょう。
いくら髪にいい亜鉛が豊富だからといって 牡蠣(かき)を毎日食べることは出来ません。なかなか食事で必要な栄養分を補給出来ない方は、簡単に摂取できるサプリも上手に利用しましょう
育毛用サプリメントは通常必要な成分もバランスよく配合されているので、サプリメントだけでほぼ補えるようになっています。

まとめ

  • 抜け毛を促進させるDHTを減らす働きがある成分を摂取しましょう
  • 髪に効く食材(亜鉛、ミネラル類)を意識してとりましょう
  • 女性ホルモンを増やす食材(イソフラボンやビタミンEなど)
  • 偏った食事や不規則な生活、過激なダイエットは×。生活バランスを大事に