コラーゲンは髪に良い!髪を太くして抜け毛対策になる効果的な摂取方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さん、コラーゲンを取っていますか?

「コラーゲンはしわ対策の女性のお肌のための成分だからとってない」
としたらもったいない!
コラーゲンの効果はお肌だけではないのです。東京医科歯科大学の研究でも

コラーゲン不足が薄毛の原因となることがわかったのです。

東京医科歯科大学の研究によると、加齢によって毛穴の奥にあるコラーゲンがなくることで、髪の毛になる細胞の働きが悪くなり新しい髪が生成されないため薄毛に繋がるということ。

今回、加齢による薄毛脱毛の原因として、幹細胞を中心とした毛包の老化プログラムの存在が明らかとなり、その分子基盤が解明されました。また、加齢によるXVII型コラーゲンの枯渇を抑制することにより脱毛に効果があることを示しました。
東京医科歯科大学のサイトより引用

つまり、お肌のアンチエイジングだけでなく薄毛抑制の為にも大切な成分なのです。

じゃあコラーゲンは何で出来てるのか知ってる?

「コラーゲンだから、タンパク質??」

大正解!!

タンパク質といえば肌だけじゃなく、頭皮にも大切な成分ということはご紹介しました。
コラーゲンの摂取は髪の毛を作るためにとても重要な成分なのです。

コラーゲンだけ摂取しても効果が出づらく一緒に摂取する必要がある成分もあるので、育毛の為に効果的なとり方を次にご紹介します

コラーゲンとはどんな成分?

コラーゲンとは人体のタンパク質の中で30%もの割合をしめるほど。体を構成するためには重要な成分ということです。靱帯、腱、骨、皮膚などを構成し、細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分となっています。またコラーゲンは28種類あり、順番にI型、II型、とローマ数字をつけて分類されているのです。

ではコラーゲンを摂取するとどのような効果があるのかと言えば、

  • 肌のハリを保つ
  • 抜け毛や白髪を防ぐ
  • ツメを強くする
  • 骨粗しょう症予防
  • 傷を早く治す
  • 歯周病予防
  • 骨粗鬆症の予防

などの効果があるとされていて、サプリメントや健康食品にも多く使われています。

コラーゲンはどのようにして作られる?

コラーゲンは2種類のアミノ酸 リシンとプロリン、そしてビタミンCの作用によって作られている。

プロリンがヒドロキシル化されるときにビタミンCが還元剤として使われるので、コラーゲンを作るにはビタミンCが欠かせない成分となっているので、一緒に摂取することが推奨されます。

知らないとソン、コラーゲンの髪への効能

コラーゲンは女性の肌の老化防止やアンチエイジングに効果がある印象が強いですが、頭皮の深い所は実はコラーゲンが80%占めているのです。そのため弾力があり水分をたもった頭皮が保たれるのです。

肌もコラーゲンがなくなってくると乾燥してしわが出来てきますが、頭皮も同じ。つまり弾力のない固い頭皮となるため血流が悪くなり、真皮の新陳代謝が下がり、栄養が毛根まで到達しなくて抜け毛が増えてはげてしまう。

薄毛対策に効果が高いコラーゲン

コラーゲンは人間の体を構成するたんぱく質の一種で、多くの臓器を作る原料でもあります。髪の毛もたんぱく質でできていますが、髪の毛の主成分はコラーゲンではなくケラチンと呼ばれるたんぱく質です。私の場合はコラーゲンを意識して摂取したところ、細くなっていた髪が太くしっかりしてきました。

コラーゲンには食べ物から摂取した栄養を体の隅々まで運び、体内に溜まった老廃物や二酸化炭素の排出を助ける働きもあるので、コラーゲン摂取によって栄養素が行き渡り細胞の代謝などが良くなったからではないかと考えます。

新陳代謝を助けるコラーゲンは加齢とともに低下するので、髪の成長に必要な栄養素を頭皮まで運ばれなくなり、毛根に栄養が行き届かずに髪が抜ける原因の一つになるのです

潤いの無くなったお肌を想像してもらえばわかりやすいのではないでしょうか。

東京医科歯科大学の研究でコラーゲンの髪への効果があることがわかりましたが、真皮に効果がある事を考えれば髪への影響も期待できるのも理解できます。

コラーゲンを沢山含む食品は?

コラーゲンを含む食品は下記の食品です

フカヒレ/エイヒレ/鶏軟骨/鶏皮/豚足/スジ肉/魚皮/手羽先/うなぎ

1日に必要なコラーゲンの摂取量は成人で3〜5g程度必要ですが、必要量をを摂取するために必要な食品の量は大体以下の値です。
牛スジ (16g)、鳥軟骨 (125g)、うなぎ (15g)、手羽先 (140g)

育毛サプリメントにもコラーゲンを含んでいるものがあります。
男性用は
コラーゲンを含むサプリメント ボストン
女性用は
BOSTONレディース(ボストン)

コラーゲンの効果を上げるためにはビタミンなどを同時に摂取する必要がありますが、毎日の食事でバランスよく必要な栄養素をとるのはなかなか難しいもの。
また、コラーゲン合成にはビタミンCや鉄が必要ですので、これらの成分も同時にとる必要があります。

育毛効果がある成分とコラーゲンを効率よく吸収できる成分がバランスよく配合されているので、コラーゲン摂取を検討している方にはおすすめのサプリメントです。

実はコラーゲンは食べ物からはなかなか吸収されません。それは分子が大きいためです。
体内で効率よく吸収し育毛効果を期待するためには分子が細かくなくては上手く利用されないのです。

そのためサプリメントなどで低分子に分解されたコラーゲンを摂取することをおすすめします。

効率よく吸収するために、コラーゲン摂取のポイント

コラーゲンは体内に蓄積する事が出来ないので、毎日摂取する必要があります。理想的なのは朝晩とる事。またビタミンCや亜鉛を一緒に摂取することで、育毛への効果が大きくなる。

コラーゲンには、牛すじ・鳥の手羽先・豚足などの動物性コラーゲンと、フカヒレや魚などの海洋性コラーゲンの2種類あります。
海洋性コラーゲンのの方が動物性コラーゲンの7倍吸収性が高いので、サプリメントなどで服用する場合は海洋性コラーゲンのものを選ぶ方が効率的に吸収されます。
また、食品から摂取するよりも低分子化されたコラーゲンが使われているサプリメントなどから吸収する方がより吸収率があがります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

食事で補えない栄養はサプリメントで効率よく摂りましょう

チャップアップ育毛サプリ

chapup1

ボストンレディース 女性用サプリメント

img14_01

ボストン サプリメント

boston