Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/endeneu02/kaminiii.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 259

アルギニンの3つの育毛効果とメリットデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

成長ホルモンを活発にして育毛と若返りに期待できるアルギニン

アルギニンとは必須アミノ酸の一種で、人間の代謝を促したり、髪の毛の成長や皮膚の新陳代謝、疲労回復などの効果がある注目成分です。
成長ホルモンは育毛やアンチエイジングにはかかせない成分ですが、分泌のピークは10代で、20代を過ぎると徐々に分泌量が減り髪の毛の成長や皮膚の再生スピードが遅くなります。

加齢による成長ホルモンの減少による抜け毛が気になる方やアンチエイジングに関心があるかたにおすすめなのがアルギニン!

アルギニンを意識的に摂取して成長ホルモンの増加を促進することで髪によい働きかけができるのです

アルギニンの4つの効果

アルギニンには髪の毛やアンチエイジングで

  • 成長ホルモンの増加で髪の生成が増える
  • 血流を良くして頭皮から毛根に栄養が行き届く
  • アンチエイジング効果

の3つの効果に加えて

精力増強効果

が期待できます。つまり 若返る 効果があるので、髪にも良い結果が期待できるということです。
それでは順にアルギニンの効果を説明していきます。

抜け毛の原因は生活の乱れや食事の偏り、ストレス、遺伝などの要因です。
加齢で髪の成長サイクルが遅れたり、ストレスや運動不足で地肌の血流が悪くなり栄養が行き届かなくなったり、食生活の乱れで髪を育てる栄養が不足することも大きな原因です。

しかしアルギニンには成長ホルモンを促進する作用と血流を良くする効果があるため、薄毛対策には効果が大きいのです。

1 成長ホルモンの増加で髪の生成が増える

成長ホルモンは夜の10時から夜中の2時が最も分泌されますが、年齢を重ねる事で分泌も減ります。また現代の生活時間では夜10時に就寝することが難しい方も多く、成長ホルモンがさら分泌されなくなります。

アルギニンを摂取すると成長ホルモンの分泌が増えます。成長ホルモンの分泌が活発になると、髪の元になる細胞分裂も活性化して新しい髪の成長を促します。

2 血流を良くして頭皮から毛根に栄養が行き届く

抜け毛の原因のひとつとなる血流の悪さです。血流が悪くなると頭皮から毛根への栄養が行き届かずに髪が育ちづらくなります。そのため地肌のマッサージや全身の血流が良くなるスポーツなどは育毛に効果があると言われています。

仕事が忙しい為にスポーツがなかなか出来ないという方や、ストレスで血流が悪くなりがちな方にはもってこいの成分です。

3.アンチエイジング効果に免疫改善も

成長ホルモンが活性化されると、育毛だけでなく肌の老化予防や若返りなどアンチエイジングにも効果があります。海外ではアンチエイジングのために成長ホルモン剤などもよく摂取されますが、アルギニンを摂取することで同様の効果が期待できるのです。

アンチエイジング効果があるということは、シミやしわ、たるみの改善や育毛効果、心肺機能や骨粗鬆症の予防などさまざまな改善を期待できるはず。

アルギニンはマクロファージの活性化する作用もあります。マクロファージは白血球の働きを促し免疫力を高めます。そのためアルギニンを摂取することで免疫力がアップし、健康にも良いのです。

精力増強に効果も

アルギニンの代謝過程で一酸化窒素が生成されますが、一酸化窒素が血管を広げて血流を良くします。そのため男性の生殖器にも精力増強の効果が期待できます。

アルギニンを摂取するメリットは

このように人体にさまざまな効果を発揮する成長ホルモンですが、実は成長ホルモンは注射以外に効果は期待できません。海外製品で口内摂取用の成長ホルモンがありますが、吸収率が悪いためほとんど効果はありません。また成長ホルモンの注射は高価なので、あまり頻繁には使えません。
しかしアルギニンの摂取は効率的に吸収されるのですそのため成長ホルモンの注射よりも格段に安くしかも簡単に摂取できるのです。

成長ホルモンの注射では臓器に副作用が現れる事もありますが、アルギニンには副作用もあまりないため、安価で安心な成分といえます。

アルギニンの必要摂取量・効果的な摂取の方法とタイミング

せっかくアルギニンをとるのなら最も効率よく効果が発揮出来るようにとりたいものです。それではその方法を説明します。

アルギニンの必要摂取量は

アルギニンの一日に必要な摂取量は子供が4000mg程度 大人は5000~9000mg程度が望ましいと考えられています。

アルギニンを含む食べ物

アルギニンを多く含むのは大豆などの豆類・大豆加工食品、豚のロースや鶏肉などです。

100gあたりのアルギニン量は

大豆 6,700mg
湯葉 4,400mg
高野豆腐 4,100mg
ピーナッツ 3,200mg
きな粉2,800mg
ゴマ 2,700mg
豚(ロース)1,500mg
鶏(胸肉) 1,500mg

ごまやきな粉の含有量が多いといっても1日に100g以上摂取するのは難しいので、食事で摂取する場合は大豆製品や鶏肉か豚肉が中心となると思います。
1日の必要量を補うためには大豆製品だと100g以上、鶏肉や豚肉だけで取る場合200g以上が目安です。

食事 or サプリ 効果的なのは?

アルギニンを必要量摂取しようとしても、カロリーが高くなって肥満に結びつきます。また仕事で忙しい人が毎日の食生活で必要量とり続ける事はなかなか難しいもの。やはりサプリメントの摂取が効果的です。

アルギニンは食事に加えて 2000mg程度をサプリで補給するのが良いでしょう。

●アルギニンを含むサプリメント
チャップアップ にアルギニンが配合されています

アルギニンの効果を高める効率がいい摂取タイミング

成長ホルモンの分泌が増えるのが夜10時〜深夜2時なので、夜の時間帯や就寝前に摂取することで効率よく効果が出ると考えられます。
また運動した後も成長ホルモンが活発になるので、スポーツの前の空腹時に飲むのが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

食事で補えない栄養はサプリメントで効率よく摂りましょう

チャップアップ育毛サプリ

chapup1

ボストンレディース 女性用サプリメント

img14_01

ボストン サプリメント

boston