Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/endeneu02/kaminiii.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 259

ヒハツの成分の特徴と育毛への効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

育毛を気にする方なら一度は聞いた事があるヒハツ。ヒハツとはどのようなモノで何の効果があるのか知らない方が多いのではないでしょうか。

ヒハツの成分の特徴や抜け毛の悩みへのアプローチついてご紹介します。

ヒハツとは?

ヒハツは別名、ロングペッパーとよばれている東南アジアに分布するコショウ科の植物です。ギリシアやインドでも薬として使われてきた、歴史が古い香辛料です。コショウと同じように果実を乾燥させてスパイスとして調味量として使われますが、
コショウよりも刺激があるのが特徴です。また、日本では沖縄でひはちとよばれて日常的に使われています。

ヒハツエキスの育毛効果

人間の体には大きな血管の他に沢山の毛細血管が張り巡らされています。この毛細血管の中でも血流が悪くなり血液が流れていない血管があります。血液が流れていない血管を「ゴースト血管」とよぶそうです。

抜け毛の大きな原因のひとつは頭皮の血流が悪くなる事で必要な栄養素が毛根に届かずに髪の毛の成長が止まる事。つまりゴースト血管が増える事は薄毛に繋がると言えるでしょう。

ヒハツは、香辛料としてだけではなく 中国では冷え性改善の漢方薬として、インドでも食欲や消化不良改善に使われてきました。
「唐辛子」に含まれるカプサイシンも血行促進の効果がある成分として有名ですが、ヒハツはピぺリンという成分が唐辛子のカプサイシンのように血管拡張を促して血流改善の作用があります

ヒハツのピぺリンの特徴は唐辛子のカプサイシンに比べて暖まる速度が緩やかな点。
カプサイシンは急激に汗が出て暑くなりますが、ヒハツはのピペリンは内側から身体を温めるイメージ。そのため唐辛子のようには汗をかきづらいのです。

同じ、血行促進でも温める速度により効果が違います。ヒハツはゆっくりと持続的に暖まるために、血流がよくなり疲労回復する効果が高いのです。
またカプサイシンにはないけどヒハツにある作用が「血管拡張作用」。血管を広げる事で血流量がよくなり頭皮や肌に栄養が届きやすくなるので肌や髪にも良いとされています

マイルドで使いやすいため料理やサプリメントにも使いやすい成分なのです。
嬉しい成分だと思いませんか?

ヒハツの効果と効能

1 血行促進効果

ヒハツの辛み成分“ピペリンの血管拡張作用によって血流をよくし血行不良が改善されます。
そのため頭皮の血流がよくなり毛根に栄養素が届くため、髪の成長が促されます。

2 頭髪トラブルの改善

頭皮がかぶれるなどトラブルを持っている方も、血流促進により改善効果が期待されます。
栄養が頭皮や毛根に届く事で育毛/養毛に結びつきます。

3 肌がすこやかに

血流がよくなることで老廃物の代謝が促進され栄養が肌に届くためお肌の調子もよくなります。

4 冷え性の改善

血行がよくなるため冷え性の改善も

5 身体の代謝がよくなりダイエット効果

血流よくなることで代謝もよくなりためダイエット効果やむくみ改善が期待できます。

コショウと同じように炒め物などに香辛料として料理のアクセントに使ってみてください。

ヒハツが含まれる髪用サプリメントはこちら

ボストン
ボストンレディース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

食事で補えない栄養はサプリメントで効率よく摂りましょう

チャップアップ育毛サプリ

chapup1

ボストンレディース 女性用サプリメント

img14_01

ボストン サプリメント

boston