Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/endeneu02/kaminiii.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 259

白髪の原因と改善する食べ物・サプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

白髪の原因はこれだった!

白髪が増えると実年齢よりも年に見えて悩みますね。白髪の対処方法で思いつくのは毛染めでしょう。あまり目立たない場合はヘアマニュキア、カラー効果があるシャンプーやトリートメント、目立つようになってきたらヘアカラーで染める方法です。しかしこれらは白髪を減らす対策ではありません。

なぜ髪の毛は白くなるのでしょうか。白髪の原因を知るために、まず髪の毛に色がつく仕組みを見てみましょう。

実は髪の毛は体内で生成された時点では色がなく無色透明です。メラノサイトでメラニン色素が作られることで髪の毛が黒くなります。しかしメラニン色素が入らないまま髪の毛が映えてしまうと白髪となるのです。ではなぜ髪にメラニン色素が入らなくなるのでしょうか?

大きくまとめると以下の原因があります。

・老化
・ストレス
・栄養の偏り
・血流不足
・遺伝

老化やストレスで髪に色をつけるメラノサイトの働きが弱くなったり、必要な栄養不足によってメラニン色素の生成が減ります。また血流が悪くても頭皮から栄養が届かなくなります。 これらの原因によってメラニン色素が減少し白髪が増えるのです

白髪を減らすためにはメラノサイトの働きを活性化させることが大切です。

白髪の効果的な対処法

白髪を減らすためにはメラノサイトの働きが重要であることはご説明しました。そのため原因となるストレスを減らして運動やマッサージなどで血の巡りをよくし、白髪に良い食べ物をバランスよく食べる事が有効な白髪対策となります。

それではメラノサイトの働きを内側から活性化させる栄養素や食べ物にはどのようなものがあるでしょうか。

白髪を減らしたい人に必要な栄養素と食べ物

メラノサイトの働きを活性化させる髪に必要な栄養素をご紹介します。

1)メラニン色素の材料となるチロシン
2)チロシンからメラニンを作るため必要な銅
3)メラニン色素を生成する色素細胞の働きを活性化に必要なカルシウム

が特に必要な栄養素と言えます。これらの栄養素を豊富に含んだ食べ物をそれぞれ紹介しています。

メラニン色素の材料となるチロシン

たんぱく質が分解されてできるアミノ酸の一種のチロシンが、髪を黒くするメラニン色素の原料となります。
チロシンが入っている食べ物と聞いてなかなか思い浮かばない方も多いのではないでしょうか。実は身近な食材にチロシンが含まれています!

ワカメ、海草類

ワカメや海草にヨードが含まれていますが、このヨードはメラノサイトの働きを活性化させる働きがあります。
わかめにはヨードの他にアミノ酸の合成に必要な亜鉛が含まれています。亜鉛は抜け毛予防にも必要な成分ですが、このことからも髪に海草類が良いというのはうなずけますね、

チロシンからメラニンを作るため必要な銅

銅は体内でチロシナーゼという酵素になることでチロシンを酸化させメラニン色素を作ります。そのためメラニンを増加させるためには必須の成分。この銅を多く含む食品は 海草類や魚介類。

ワカメ、海草類

毎日の生活の中で摂取しやすいワカメには メラノサイトを活性させるヨードや亜鉛などのミネラルが豊富に含まれているだけでなく、メラニン生成にも重要な働きをする銅も含まれているので、ワカメのお味噌汁やサラダなどで積極的に食卓に取り入れたいですね。

牡蠣、エビ、イカ

牡蠣や、海老、イカはどは銅を多く含んでいます。海老の中では桜えびがとくにおすすめ。桜えびはには色素細胞メラノサイトを活性化してくれるカルシウムも豊富なのでおすすめです。
また、牡蠣やイカには髪の元となるアミノ酸の合成を促す亜鉛も多く含有されているため、抜け毛や髪のツヤが気になる方にも取って頂きたい食品です。

メラニン色素を生成する色素細胞の働きを活性化に必要なカルシウム

大豆製品

高野豆腐はたんぱく質を始め、チロシン・鉄・亜鉛・カルシウムなど髪を作るのに必要な栄養素を多く含んでいる

大豆製品の納豆や高野豆腐く、豆腐や油揚げなども、髪のもととなるたんぱく質が豊富ですが、カルシウムも多く含まれます。特に 絹ごし豆腐よりも木綿豆腐の方が多くのたんぱく質とカルシウムを摂取でいます。

ワカメと豆腐のお味噌汁は髪に良い組み合わせと言えそうですね。

高野豆腐、ひじき、たけのこ

ひじき

ひじきは鉄の含有量が多いので髪に良い成分を血液を通して頭皮に運ぶ働きを促し、またヨードも含まれるのでメラノサイト活性化にも効果があります。

魚介類

しらす干しは、チロシン・カルシウム・亜鉛が豊富です。たらこにも、チロシンが多く含まれています。

乳製品

乳製品にはカルシウムが豊富。牛乳やチーズ、ヨーグルトなど、日常摂取しやすい食品なのでおすすめ。

カルシウムも海草類と同じようにメラノサイトの動きを活発にする栄養素です。
チロシンとカルシウムともに白髪に効果がある栄養素です。意識して食卓に一品追加してみてください。

その他のおすすめ栄養素

焼き海苔、あさりの佃煮

焼き海苔やあさりの佃煮は、鉄が多く含まれている食材です。鉄が不足すると髪に十分な栄養や酵素が行き渡りません。
また海苔やあさりには、メラノサイトを活性化させる働きのあるビタミンB12も多く含まれています。

ちなみに味付き海苔にも鉄は多く含まれています。あさりの佃煮と一緒に常備してご飯のお供にされてはいかがでしょうか。

白髪用サプリメント

伝統的な和食などには必要な成分をたっぷりとれそうですが、仕事が忙しくて外食が多い、毎日の食事でなかなかバランスよく出来ない方は、サプリメントで補うと良いでしょう。

食べ物だけで摂取しようとすると大量に取らなければ必要量が補えない栄養素も、サプリメントなら簡単です。

ドリンクタイプで吸収によいもの、サプリメントタイプで持ち運びできて仕事先でも飲めそうなタイプなど、自分の生活にあったタイプで補ってください。

白髪が気になる人が避けた方がいい食べ物

糖分などの甘いもの、白米や清涼飲料水、など 成長ホルモンの分泌を減らすもの、血流を悪くするもの、過酸化水素を含むものは控えめにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

食事で補えない栄養はサプリメントで効率よく摂りましょう

チャップアップ育毛サプリ

chapup1

ボストンレディース 女性用サプリメント

img14_01

ボストン サプリメント

boston