頭皮や髪を作る成分タンパク質の性質とは?上手く摂取するポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【たんぱく質とは・・・】
たんぱく質は体の骨格や筋肉、皮膚、毛髪、内臓などあらゆる組織を構成する材料となります。たんぱく質は、アミノ酸が多数結合した高分子の化合物です。人間の体のたんぱく質を構成するアミノ酸は20種類あり、その種類や量・組み合わせによって性質や働きの異なるたんぱく質が作られています。たんぱく質は1gあたり4kcalのエネルギーを生み出します。

<1日の摂取量の目安> 【成人男性】60mg/日 【成人女性】50mg/日

不足すると?
体力や思考力の低下など体全体の機能低下につながります。
また、乳幼児や成長期の子供の場合、成長障害などが起こります。
1日の摂取量は
成人においては年齢に関わらず、たんぱく質摂取は2.0g/kg体重/日未満にとどめることが重要です。
体重50kgの場合たんぱく質摂取が100g/日以上にならないようにします。

髪に影響があるのは得に以下のところ、

皮膚代謝に対する作用

マグロ ラム肉

タンパク質を摂取するメニュー

マグロとアボガド丼

マグロとアボガド丼
マグロは良質なタンパク質を豊富に含みます。マグロを使った手軽なレシピです。

1 マグロを薄めに切る
2 アボガドもマグロと同様薄めにスライスする
3 ネギで白髪ねぎに、しそを細ぎりにする
4 小鍋にバターを入れて火にかけとかし、砂糖を大さじ一、醤油を大さじ2入れ、ぶつぶつと沸騰してくたらすぐに火からおろしてさます。
5 おさらに ご飯をもり、マグロとアボガドをご飯の上にしきつめて、しそとネギを上にちらして、4で作ったソースを受けから全体にかける。

アボガドには 不飽和脂肪酸であるオレイン酸がたくさんふくまれているので、
悪玉コレステロールを減らして血液をサラサラにします。

老化防止に役立つビタミンEやビタミンA,C、カリウム,マグネシウムやリンなど
ビタミンとミネラルと 良質な植物性タンパク質を沢山含んでいます。それだけでなくコエンザイムQ10も含んでいますので、美肌効果がある、ということは頭皮にも良いという事なのです。

マグロとともに髪に良い成分が含まれた食材といえるでしょう。ややカロリーが高い所が気になりますが、ダイエットを気にする方は量を控えながら料理に取り入れてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

食事で補えない栄養はサプリメントで効率よく摂りましょう

チャップアップ育毛サプリ

chapup1

ボストンレディース 女性用サプリメント

img14_01

ボストン サプリメント

boston